記事一覧

「洋服の脇にしみ込んで落ちない ニオイをとる方法とは?」

繰り返し着ているお気に入りのTシャツがあります。着る度に洗濯をしていますが、脇の部分にできた薄いシミがとれず、着たときは無臭でも、汗をかくとにおうようです。このシミと二オイをなんとかしたいのですが…?

脇は汗をかきやすく、また汗が蒸発しにくい場所のため、ニオイが発生しがちです。そんな部位であるからこそ、洋服の脇もまた、汗ジミがつきやすく、ニオイがつきやすい部分といえます。こうしたシミやニオイは頑固で、通常の洗濯くらいではなかなか落ちないものです。このように「洗ったけれど残ってしまう汚れ」は、やがて変色して黄ばみになります。そしてひとたび黄ばんでしまうと、簡単には落とせなくなります。では、こんな汚れとニオイにはどう対処したらよいのでしょうか。これには、固形のアルカリ性石けんが効果を発揮します。

①まず、石けんでシミの箇所をよくもみ洗いする。
②汚れがひどい場合は、石けんをシミに塗ったあと、重曹、クエン酸(小さじ1)をふりかけてやわらかいブラシでこする。

洋服の汗ジミとニオイのもとは、汗、皮脂、ホコリなどが混ざり合ったものです。そこでまずは、皮脂などの脂肪分を落とすために石けんを使います。ここでのポイントは、洗浄力をアップさせるアルカリ性の石けんを選ぶという点です。洗浄力がおだやかな純石けんや無添加石けんなどは、シルクやウールの手洗いには向きますが、このような頑固な汚れ落としには向きません。重曹とクエン酸は、気泡を発生させて汚れとニオイを浮き上がらせる効果があります。

泡が消えたら、よく水ですすいで、成分が残らないようにしましょう。洗濯を終えたら、風通しのよいところでしっかり乾燥させること。白いTシャツであれば色落ちの心配がないので、太陽の下で自然乾燥をさせます。すると二オイの分子を放出することができます。なお、お気に入りのTシャツにシミやニオイをつけたくないのであれば、直接肌に触れさせないようにするのが一番。肌着を1枚着る習慣をつけるとよいですね。

「服についた二オイを 素早く消したい。 簡単にできる裏技はある?」

仕事のあとに同僚たちと飲み会へ。家に帰ってからスーツをハンガーに吊るそうとしたところ、タバコ、アルコール、食べ物などが混じったひどい二オイが…。明日も会社に着て行くために、すぐにニオイをとる方法を教えてください。

気の合う仲間と食事をしたり、お酒を飲んだりする時間は楽しいものです。しかし、この質問のように、家に帰って服を脱いだ途端、居酒屋のニオイがたちのぼってきて慌てる、という経験がある人も多いのでは? 服にしみついたニオイは、洗濯をしてニオイのもとを落とさない限り根本的にはとれません。一方で、スーツのように家庭では簡単には洗えないものの場合、どうしたらよいのかと考え込んでしまうでしょう。こういう時にもっとも手軽なのは、衣料用の消臭スプレーをふきかけておくことです。ところが、かけたあとのべ夕つきが苦手という人もいるでしょう。そこでべ夕つきもニオイも残さない秘密道具として活躍するのがスチームアイロンです。使用方法は…

①スーツをハンガーにかける。
②スチームアイロンで蒸気をまんべんなく服にかける。
③日陰で自然乾燥させる。

スチーム機能がないアイロンなら、蒸しタオルを服にあてた上からアイロンがけをしてもかまいません。水が蒸発するとき、ニオイが一緒に抜けていきます。出張先などでアイロンが手元にない場合は、浴室のバスタブにお湯をはり、その上にスーツをかけて30分おいておくとよいでしょう。もちろん、そのあとは風通しのよいところに移動させて十分に水気を飛ばしてください。なお、ウール素材などは蒸気にあてるとシワも伸びてくれるという嬉しい効果もあります。翌日はニオイもシワもないパリッとしたスーツに袖を通すことができるでしょう。この消臭法は、防虫剤のニオイがしみついてしまった服のニオイとりにも応用できますので、試してみてください。

汗脇パッドなどの汗対策グッズを活用する

最近出まわっている人気の汗対策グッズも、上手にとり入れると強い味方になります。とくに汗脇パッドは種類も豊富で、0・008ミリという薄さのフィルムを直接脇に貼るタイプから、ブラジャーに留めるタイプなどまであります。薄さやズレにくさなど、自分が求める効果のものを探しましょう。ただし、体温調節のための発汗ではなく、ストレスなどを原因とした発汗が多い人は、汗脇パッドを連続して使用するのは避けてください。

緊張やストレスが発汗のスイッチになりますから、パッドをつけていると「汗を抑えよう」という意識が働きやすく、よけい汗が出てしまうからです。会議の日やデートの日など、緊張して汗をかきやすいときだけに使うようにしましょう。身につける物でいえば、靴も気をつけたいアイテムです。衣類に比べて洗うのが難しいものですから、汗をため込まないよう、一日履いたら休ませて、次に履くときには完全に乾いていることを確認しましょう。

そのためにも、普段使いの靴を何足か用意しておき、ローテーションで履けるようにします。また、雨の日や雪の日などは、靴が濡れてニオイのもとになるので、防水スプレーをあらかじめかけておくのも有効です。また、職場の環境が許すようであれば、会社に行ったら靴を脱ぎ、サンダルやスリッパに履き替えるようにすると蒸れを抑えることができます。

洗濯だけではない、衣類の二オイを 寄せつけないための予防をしよう

衣類への二オイ対策は洗濯だけではない!
衣類へのニオイ対策もいよいよ大詰めです。最後に、着用時に衣類に体臭を吸着させないための予防策をお話しします。服は体に着るものですから、いかに体臭を吸い込ませないようにするかもまた、ニオイ対策において重要なのです。

衣類の素材を知り、使い分ける
おそらく、ほとんどの人が今自分が身につけている洋服が、何の素材でできているかすぐに答えられないでしょう。しかし、衣類の素材と性質を知ることは、体臭対策にきわめて重要な要素の1つといえます。体臭対策をベースにした衣類選びのポイントは…

吸水性 速乾性 通気性に優れている
とはいえ、条件すべてをクリアしている素材は、なかなかありません。たとえば、綿は吸水性には優れていますが、速乾性に欠け、衣類にしみた汗が肌につきやすいのが難点です。合成繊維は逆で、速乾性に優れた素材ですが吸水性に劣るので、体から出た汗を素早く吸いとってくれる力はありません。そこで、肌着は吸水性のよい綿を選び、その上に合成繊維の衣類を重ねるといった素材に合った着用方を身につけましょう。

気候に合わせた洋服をチョイスする
真夏の暑い時期や湿度が高い梅雨の時期など、過ごしにくい気候のときは、肌に密着しないようなゆったりとしたサイズの半そでや半ズボンを選び、体温の上昇と発汗を防ぎましょう。一方で、晴れて気温が高く乾燥した日なら、たとえ暑くても長袖を着て、紫外線による肌のダメージを防ぎます。また、暖房や冷房によって外気温と室内温度の差が激しいところを行き帰するようなら、脱いだり着たりが楽にできるように、羽織り物を用意しておくと、発汗をコントロールできます。

衣類の二オイ対策の最大の焦点は”乾燥”

洗濯時からすすぎまでお湯を使う
洗濯時にお湯を使うと洗剤の洗浄力を引き出すと前述しましたが、すすぎまでお湯を利用することをオススメします。なぜお湯がよいのかというと、水よりお湯のほうが、蒸発が早いからです。お湯を使った洗濯は、洗浄力を高めて汚れを繊維の奥からかき出し、また、乾燥の時間を短縮させる効果が期待できるので、ニオイ対策において二重に効果があると考えてもよいかもしれません。湯温は30~40度くらいのぬるま湯が適しています。

換気をよくする
干す部屋のドアは開けておき、扇風機やエアコン、換気扇などを使って室内に空気の流れを作るようにします。湿った空気と乾燥した空気が入れ換わり、室内干しでも素早く乾かすことができます。扇風機であれば弱風に設定し、首を回転させながら洗濯物全体に風が当たるようにします。この時、洗濯物に対し風が平行に流れるようにするとよいでしょう。エアコンの除湿機能を使うときは、吹き出し口の近くに洗濯物を干すようにします。そして、意外に思うかもしれませんが、洗濯物を干すのに最適な場所は、浴室です。換気扇があるので湿気を追い出しやすく、濡れることを前提に作られた空間なので、壁や床にダメージを与えません。

少しでも晴れ間があれば外に出す
洗濯物を乾かすには、熱より風が必要です。少しでも晴れ間があれば外に出して風にあてるようにしましょう。小雨程度の雨であれば、部屋干しより風がある外のほうが早く乾きますから、外に出すことをオススメします。ベランダに屋根があること、ふき込んでくるような強風ではないことを確認してから、出してください。ただし、綿、麻類は雨が当たると繊維が傷む恐れのある素材ですから、少しでも雨の心配がある場合は避けましょう。ポリエステル、ナイロンなどの化繊素材の衣類は、少々の雨であれば影響はありません。

ページ移動