記事一覧

「洋服の脇にしみ込んで落ちない ニオイをとる方法とは?」

繰り返し着ているお気に入りのTシャツがあります。着る度に洗濯をしていますが、脇の部分にできた薄いシミがとれず、着たときは無臭でも、汗をかくとにおうようです。このシミと二オイをなんとかしたいのですが…?

脇は汗をかきやすく、また汗が蒸発しにくい場所のため、ニオイが発生しがちです。そんな部位であるからこそ、洋服の脇もまた、汗ジミがつきやすく、ニオイがつきやすい部分といえます。こうしたシミやニオイは頑固で、通常の洗濯くらいではなかなか落ちないものです。このように「洗ったけれど残ってしまう汚れ」は、やがて変色して黄ばみになります。そしてひとたび黄ばんでしまうと、簡単には落とせなくなります。では、こんな汚れとニオイにはどう対処したらよいのでしょうか。これには、固形のアルカリ性石けんが効果を発揮します。

①まず、石けんでシミの箇所をよくもみ洗いする。
②汚れがひどい場合は、石けんをシミに塗ったあと、重曹、クエン酸(小さじ1)をふりかけてやわらかいブラシでこする。

洋服の汗ジミとニオイのもとは、汗、皮脂、ホコリなどが混ざり合ったものです。そこでまずは、皮脂などの脂肪分を落とすために石けんを使います。ここでのポイントは、洗浄力をアップさせるアルカリ性の石けんを選ぶという点です。洗浄力がおだやかな純石けんや無添加石けんなどは、シルクやウールの手洗いには向きますが、このような頑固な汚れ落としには向きません。重曹とクエン酸は、気泡を発生させて汚れとニオイを浮き上がらせる効果があります。

泡が消えたら、よく水ですすいで、成分が残らないようにしましょう。洗濯を終えたら、風通しのよいところでしっかり乾燥させること。白いTシャツであれば色落ちの心配がないので、太陽の下で自然乾燥をさせます。すると二オイの分子を放出することができます。なお、お気に入りのTシャツにシミやニオイをつけたくないのであれば、直接肌に触れさせないようにするのが一番。肌着を1枚着る習慣をつけるとよいですね。