記事一覧

加齢臭は「つけ置き洗い」が基本!

加齢臭対策では、体の洗い方や食生活の改善と同時に、衣類や寝具のケアを行なうことで、より大きな効果が期待できます。加齢臭は一般的な体臭と比べて頑固で、普通に洗濯したくらいでは落ちないケースがよくあります。とくに皮脂腺が集中する場所に触れる下着やシャツの首まわりはニオイが残りやすく、不十分なケアを繰り返すと、繊維の奥深くにしみ込んでしまいます。どれだけ洗濯をしてもニオイがとれず、結局捨てることにならないよう、加齢臭に適した洗濯をしていきましょう。加齢臭除去として有効なのが、お湯と酵素系漂白剤を使ったつけ置き洗いです。

①酵素系漂白剤を汚れが気になる部分にじかにつけ、洗濯用洗剤を溶かした40度のお湯に浸す。

②30分から2時間はどつけたら、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機で洗濯する。

このやり方で加齢臭はかなり薄まるでしょう。なお、酵素系漂白剤は白物専用とし、色柄物は酸素系漂白剤を使います。はじめに衣類の端で色落ちのテストもしてください。それでもニオイが落ちないようなら、通常の洗濯用洗剤から介護用洗剤に切り替えるのも手です。尿のシミやアンモニア臭をとり除くために開発された洗剤ですので、脱臭効果や漂白効果も通常より強くなっています。