記事一覧

和食を基本に抗酸化食品をとって 二オイを消す!

体臭同様、加齢臭を抑えるには内側からのケアも必要となります。繰り返しますが加齢臭のもとは皮脂ですから、皮脂を出さないような食生活を心がけることが何より重要です。そのためには、脂肪分の摂取を控え、脂肪を体内でも体外でも酸化させないようにしなくてはいけません。動物性の脂肪はできるだけ減らし、ラードやバター、ステーキの脂身、豚の脂身など常温で固形になる油脂類は避けましょう。

抗酸化ビタミンを含むオリーブオイル、魚の油、エゴマの油などの油は影響が少ないのでとってもかまいません。タンパク質は肉から魚へ、さらに大豆へと徐々に切り替えていきましょう。大豆はイソフラボン、サポニンといった抗酸化作用のある成分がたっぷり含まれています。ノネナールは、抗酸化作用のある食べ物で抑制できますから、抗酸化ビタミンやファイトケミカルは、加齢臭対策に有効といえるでしょう。

抗酸化ビタミンとは、ベータカロテン、ビタミンE、ビタミンCなどに含まれるビタミンです。含有量の多い野菜として、ベータカロテンはニンジン、ほうれん草、かぼちゃ、トマトなど色の濃い野菜。ビタミンEはオリーブオイルやゴマ、ナッツ類。ビタミンCはレモンなどの柑橘類や芽キャベツ、ゴーヤなどが挙げられます。

ファイトケミカルとは、ビタミン、ミネラル以外の微量栄養素のことです。ポリフェノールやリコピン、カテキンなどが知られています。主食はビタミンE、B群や亜鉛、マグネシウムなどミネラルが豊富な玄米や胚芽米、雑穀にするとよいでしょう。こうして見ると、加齢臭対策に有効な食事は伝統的な和食であることがわかります。体臭同様、加齢臭もまた食の欧米化による体の警告といえるかもしれません。