記事一覧

「おじさん臭さ」は本当にある! 加齢臭ってどんなもの?

●「加齢臭」にも段階がある
最近では、「加齢臭」という言葉をよく耳にするようになりました。加齢臭は、体臭の1つに分類されますが、この体臭は若いうちにはみられず、中年以降になってはじめてあらわれる特有のニオイです。女性にもみられる現象ですが、男性のほうが目立つため、世間的には「おじさんのニオイ」と言われることも多いようです。

加齢臭のニオイはノネナールという物質が原因です。ノネナールは皮脂腺から出る脂肪酸が酸化し、雑菌が発酵することで発生します。また汗や古くなった頭皮、皮膚の老廃物が分解できなくなって発せられる腐敗臭も含まれます。じつは細菌が皮脂や汗を分解し、こオイを発生させるメカニズムは、年齢によって違います。若い人は新陳代謝が活発なので、汗や皮膚のカスの量が多いのですが、歳をとるごとに汗やカスの量は減り、脂の成分が変化します。

若い人の体臭がムッとした感じなのに対し、中高年の体臭がひなびたような古臭い感じがするのは、この脂の成分の変化によるものです。では、加齢臭は何歳頃から発生するのでしょうか? 株式会社ライオンの研究所によると、30代男性の、どこか脂っぼいニオイの原因はベラルゴン酸という脂肪酸の一種であるとしています。つまり、ノネナールではありません。結論からいうと、ノネナールは40代以上から目立ってきます。つまり、40代に入って体臭が気になりだした人は、加齢臭である可能性が高く、それに適した対策をとっていく必要があるということです。