記事一覧

「排便後の二オイが気になって 外で大便ができない。解消法は?」

2010年、小林製薬が小学生に向けて実施したアンケートによると「学校のトイレでうんちをすることに抵抗を感じる」と答えた生徒が、なんと半数近くにものぼることがわかりました。その理由はさまざまですが、やはり排便後のニオイを指摘されるのが嫌だという声は多いようです。そして最近では、大人でも、排便後のニオイが気になって、公共施設では大便ができないという人が増えているといいます。

便のニオイのもとは、硫化物や悪玉菌が生成したアンモニアやインドール、スカトール、アミンなどの腐敗物質で、これらは、人間がもっとも嫌う種類のニオイだといわれます。それゆえ、ニオイを気にする気持ちもわかりますが、だからといって我慢を続けていると便秘の原因にもなりかねません。排便後のニオイ対策として、現在は、排便後の消臭剤も多数出ています。

これらは手軽に使えるのがメリットですが、スプレーをかける音が気になるという指摘もあります。そこで使えるのが、マッチです。火をつけるとマッチの頭についている硫黄が燃えて二酸化硫黄になり、これがニオイに含まれる硫化水素と結びついて水と硫黄になり、悪臭が消えます。昔ながらのやり方ですが、その効果はお墨付き(火器の使用を禁止しているトイレでは使わないでください)。でもやっぱり、体の中から便のニオイを消す努力をすることが一番です。

そのためには、毎日の食生活を見直すことから始めましょう。動物性タンパク質を摂りすぎないようにし、野菜、果物、そしてヨーグルトなどの発酵物質を多く摂ることで、腸内環境を健やかにし、排便をスムーズに、かつ便のニオイを薄くします。また、無農薬のニンジンの葉を洗って天日に干し、パリパリになるまで乾燥させてミルで粉末にしたものを、毎日小さじ1杯飲むようにすると、便のニオイが薄くなるといわれています。これは介護の現場でも使われているそうです。